女性をその気にさせる薬が開発されました

070116_4.jpg

バイアグラが狭心症の薬の開発過程で偶然見つかったことは バイアグラが抗癌剤に!? で書きましたが、今回は抗うつ薬の開発過程で女性の性欲を高める薬が見つかったようです。
性欲減退の女性向けの「女性版バイアグラ」としての薬のようですが、何か色んなことに使われそうな予感がします。笑

海外のニュース を以下に訳しました。(もしも誤訳があったらごめんなさい)
多くの女性の性衝動を駆り立てる新しい薬が開発されました。

Flibanserin という薬は、元々抗うつ薬として開発されたものであったが、臨床実験の結果、女性の性欲を高める効果をもたらしたのだという。専門家たちは、この薬(脳の興奮を司る部分を刺激する)が女性用のバイアグラとして使えるのではと期待している。Flibanserin を開発したドイツの製薬企業の Charles de Wet 博士は、「この薬は、女性の性欲減退を正常に戻すための薬です」と語る。

Flibanserin は現在アメリカでの臨床試験中で、2009 年には販売される予定です。
どの程度効果があるのかはわかりませんが、なかなかユニークな薬です。
(私見では男性諸君が期待するほどの効能はないと思いますよ。笑)

変な目的に使われないことを祈るばかりです。笑

[関連1] バイアグラが抗癌剤に!? (気ままに有機化学)
[関連2] レビトラとバイアグラで構造式の間違い探し (気ままに有機化学)

気ままに有機化学 2007年01月16日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前 (ハンドルネーム可):

メールアドレス (任意):

ホームページアドレス (任意):

コメント:


この記事へのトラックバック