Chemspeed を取扱う エーエムアール社 HP に掲載されました

昨年末の 新反応発見の方法論 (2) という記事で、Chemspeed というロボットを用いた新規反応のスクリーニングの論文を紹介しましたが、その記事を エーエムアール株式会社の HP でご紹介いただきました。(エーエムアール株式会社は Chemspeed 合成システムを取り扱っている企業です)

120125.jpg

Chemspeed 合成システムは、秤量・分注・各種ガスへの置換・撹拌・加熱・冷却・ろ過・乾燥・洗浄・HPLC や GC の分析、などの化学実験操作を自動化してくれるシステムです。新反応発見の方法論 (2) の反応スクリーニングでも、基質の組み合わせが膨大になるものの、Chemspeed を使って多数の実験をこなしています。(より詳細な説明については、YouTube の動画エーエムアール株式会社の HPChemspeed 社の HP などをご覧ください)

エーエムアール株式会社の方によると、Chemspeed のシステムは、海外では製薬企業・化粧品メーカー・電子製品メーカー・研究機関などで相当数利用されているそうです。国内でもいくつかの企業で使われており、最近では有機化学系の大学研究室でも使われ始めているそうです。装置の組み合わせやカスタマイズなどの自由度が高いそうですので、もしご興味あれば問い合わせてみてください。ご希望の方には、Chemspeed を導入している研究室で実物を見学できることもあるのだとか。

[注意] この記事はエーエムアール株式会社や Chemspeed 社の依頼で書いたものではありませんし、対価を受け取るものでもありません。本ブログの記事が紹介されましたというだけではあまりに手前味噌なので簡単に Chemspeed を紹介したものです。

気ままに有機化学 2012年01月26日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前 (ハンドルネーム可):

メールアドレス (任意):

ホームページアドレス (任意):

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/248694116

この記事へのトラックバック