HOPEミーティングに取材に行きます

HOPEミーティング

前回 概要をお伝えした HOPE ミーティング、嬉しいことに取材のご依頼をいただき、実際に取材に行くことが決定しました!新聞やテレビ等のマスコミに混じって取材してきます。マスコミとは違った研究者の眼で見てどのような様子なのか、お伝えできればと思っています。

・取材日程
 明日 27 日と明後日 28 日に取材に行きます。私は企業の研究員なので、全日程 (10月1日まで) は取材できません (28日は有休を取りました)。29 日以降の分は後に関係者のみがアクセスできる動画が見れるかもしれませんので、見れた場合にはその様子もお伝えしたいと思います。

・取材内容
 27 日の HOPE ミーティング Jr. (@国立科学博物館) は小中学生 20 人を対象としたものです。ノーベル賞受賞者から小中学生へのメッセージ、昼食会や質疑応答などが行われ、また簡単な化学実験も行われます。28 日の HOPE ミーティング (@箱根) はノーベル賞受賞者の講演に加えて参加者のグループディスカッションやポスター発表が行われる予定です。
 このブログの読者の方で 「これを見てきて!(聞いてきて!)」 というような取材してきて欲しいポイントがあれば、コメント欄でお知らせください。Ability 的に、また Possibility 的にできるかどうかはわかりませんが努力させていただきます。

・取材費用
 参加する大学院生の交通費や宿泊費は主催側の負担ですが、取材者の費用は自腹です。交通費や宿泊費を払ってでも私は見に行きたいと思ったので、迷うことなく取材したい旨を伝えました。また、取材費や報酬等をもらっていないからこそ、媚びを売ることなく中立的な立場で HOPE ミーティングの様子をお伝えできるかと思います。

最後に、もしこのブログの読者の方で HOPE ミーティングに参加される方がいらっしゃったら、ポスター発表のときなどに是非お話させていただければと思います。ちなみに取材班の中で一番かっこいいのが私です。(←嘘です。専門的な話をしてきたらたぶんそれが私です。)

気ままに有機化学 2009年09月26日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前 (ハンドルネーム可):

メールアドレス (任意):

ホームページアドレス (任意):

コメント:


この記事へのトラックバック