Graphical Abstract のミス

Graphical Abstract はお見合いの写真やプロフィールのような性質もあると思います。そこで興味を持ってもらえたら実際に会ってもらえる (本文を読んでもらえる) し、逆にそこで印象が悪いとどんなに優れた人物 (論文) でも悪いイメージの先入観を持ってしまいます。

有機化学は構造式や反応式という視覚的に理解しやすい表現法があり、Graphical Abstract に向いた学問だと思います。しかし逆に Graphical Abstract でミスがあると内容の信憑性まで疑われかねません。今回はそういったミスを紹介したいと思います。

1 つ目はつい最近出版された Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters [論文1]。純粋な有機化学の方はあまり見ない雑誌かもしれませんが、製薬企業の有機化学者はよく見る雑誌の 1 つです。Graphical Abstract に致命的なミスがありました。


「ん?見慣れないヘテロ環があるな」 と思ってよくよく見ると単なるチオフェン環の書き間違いでした。このような Graphical Abstract でもオーサーやレフェリーの目をスルーして出版するところまで行ってしまうことがあるので気を付けないといけませんね。

「こんな初歩的なミスは投稿前に誰でも気付くよ」 と笑っている方も多いかと思いますが、実は 2010 年 JACS の Graphical Abstract にもミスがあったのをご存知でしょうか?それが下図なのですが、どこにミスがあるかお気づきでしょうか [論文2]


普段 JACS をチェックしているけどこれには気づいていなかったという方は、もしかしたら同じようなミスをしてしまうかもしれません。自分がミスしなくても共著者のミスを見逃してしまうかもしれません。Graphical Abstract は論文の顔なので、やはり正確に美しく描きたいものです。

◆ おまけ 1
 お薬関係では こちら の Graphical Abstract にも笑って済ませられないようなミスがあります。

◆ おまけ 2
 今回は真面目に Graphical Abstract のミスを取り上げましたが、個性的な Graphical Abstract については以下の 化学者のつぶやき さんの記事をご覧ください。こういった形で人目を引くのも一つの 「戦略」 なのかもしれませんね。
 ・ 個性あるTOC
 ・ 個性あるTOC そのA
 ・ 個性あるTOC そのB

[論文1] "Activity of substituted thiophene sulfonamides against malarial and mammalian cyclin dependent protein kinases" Bioorg. Med. Chem. Lett. Article in Press
[論文2] "Highly Diastereoselective Preparation of Homoallylic Alcohols Containing Two Contiguous Quaternary Stereocenters in Acyclic Systems from Simple Terminal Alkynes" J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 5588.

光化学ペリ環状反応と人体の健康

「今日は絶好の光化学ペリ環状反応日和だね」 なんていうとまず間違いなくしかめっ面が返ってくるかと思いますが、実は人体では少なくとも 2 つの光化学ペリ環状反応が日々起こっています。

1 つ目は ビタミン D の生合成。哺乳類は、エルゴステロールから 6 電子開環反応によってプロビタミン D2 を合成しています (下図)。ここで必要になってくるのが日光。そう、ウッドワード・ホフマン則 (Woodward-Hoffmann rules) です。6 電子開環反応が逆旋的に進行するとトランス二重結合を含む六員環ができることになるので、同旋的に進む必要があるため光が必要になるのです。なので、長期間日光に当たらない生活を送るとビタミン D が不足し、骨が弱くなることが知られています。

あと余談ですが、プロビタミン D2 は [1,7]-シグマトロピー転位によってビタミン D2 になるようですが、[1,7]-シグマトロピー転位は非常に珍しい反応形式ですね。


さて、もう 1 つの人体で起こる光化学的ペリ環状反応はチミジンの二量化反応。DNA のチミジン残基は光を受けると [2+2] 付加環化反応を起こしチミン二量体を与えます (下図)。通常は DNA 修復酵素が修正するのですが、うまく修復されないと皮膚ガンの原因になります。

この [2+2] 付加環化反応の endo/exo の選択性は二次軌道相互作用に基づくエンド則 (Endo addition rule) で説明されます。位置選択性およびなぜこの反応に光が必要なのかについて、是非一度考えてみて欲しいのですが、分からなかった場合は古典的名著 フロンティア軌道法入門 有機化学への応用 の 239 ページ以降、あるいはお手持ちの教科書の光化学反応の項をご参照ください。ブログに書くには説明が めんどくさい 長くなってしまいます。


ビタミン D の生合成など日光は健康にとって必要ですが、当たりすぎると皮膚ガンの原因になり得る。やはり 『過ぎたるは及ばざるが如し』 と言ったところでしょうか。

実験に疲れた時は散歩に出かけて、五月の柔らかな日差しを浴びながらウッドワード・ホフマン則に、エンド則に、そしてフロンティア軌道法に想いを馳せてみてはいかがでしょうか?笑

[参考] 有機反応機構の書き方
[補足] チミン二量体の図に示したのは代表的なものです。他の二量化形式 もあります。もし暇があればこれらの生成物の反応機構も考えてみてください。

気ままに有機化学 2010年05月22日 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーブレイク